12月の健康相談「高血圧・低血圧」

高血圧 高血圧とは、最高血圧140/最低血圧90(㎜Hg)以上で、高血圧には本態性高血圧(高血圧の95%)と二次性高血圧があります。

12月の健康相談「高血圧・低血圧」

2011/12/20

高血圧

高血圧とは、最高血圧140/最低血圧90(㎜Hg)以上で、高血圧には本態性高血圧(高血圧の95%)と二次性高血圧があります。

本態性高血圧は、遺伝と生活習慣(塩分の過剰摂取、肥満、ストレス、喫煙、飲酒、運動不足など)の関与が大きく、ライフスタイルの改善だけで血圧が正常化する場合もあります。
一般に血圧は年齢と共に上昇し、それに日常習慣の不摂生が加わっていく為、中年以降に発症することが多く、糖尿病、耐糖能障害、高脂血症、脂質代謝異常、肥満などの成人病を伴いやすいことが知られています。

おすすめ商品…血圧が高めの方に1日1本(特定保健用食品)「ラピスサポートα」、厳選された2種類のマンネンダケを使用した「健麗芝」、血液さらさらの「キリン ナットウキナーゼ」「キリン DHA&EPA」、塩分が気になる食生活に「森のブナハリタケ」、漢方薬では最低血圧が高い傾向のある方に「神扶」をお試し下さい。ビタミンE,C,B2などもご一緒にどうぞ!

低血圧

低血圧とは、最高血圧が100㎜Hg以下で、本態性、起立性、二次性低血圧があります。

本態性の原因は明らかではありませんが、無気力体質による骨格筋収縮の低下による静脈還流量の減少からくる心拍出量の低下が主な原因と考えられています。

おすすめ商品…漢方薬の手足が冷え、胃腸の弱い方に、6年根紅蔘「正官庄」「理中」また、「COQ10」もお試し下さい。

3-1

 

3-2

3-3